現在のサイト位置 : ホーム > Android開発環境の構築(作成) > JDKの設定 > JDKのインストール

JDKのインストール

ダウンロードしたJDKのインストールを行います。

JDKインストーラを起動する

jdk-7u9-windows-i586.exe」をダブルクリックしJDKインストーラーを起動します。

jdk-7u9-windows-i586.exe

PCの設定によっては、ユーザー アカウント制御ダイアログが表示される場合があります。はい(Y)ボタンをクリックしてください。

ユーザーアカウント制御

セットアップのインストールウィザードはそのまま次へ(N)ボタンをクリックします。

セットアップウィザード

JDKセットアップ設定

JDKのインストールに関する設定変更ができます。開発ツールは必須となっておりインストール対象外に変更できません。ソースコードと公開JREのインストールは任意となっています。インストール不要の場合、「▼」ボタンをクリックし「この機能を使用できないようにします。」を選択するとインストールされません。設定が完了後、次へ(N)ボタンをクリックしてください。

次の設定でJDKをインストールしたフォルダパスを環境変数Pathに設定する必要があります。JDKをインストールしたフォルダパスは忘れないようにメモしてください。インストール先は、下図の「インストール先:」下に表示されているC:\から始まるものがフォルダパスです。

カスタムセットアップ

この機能を使用できないようにします

JDKのインストールが開始されます。

JDKインストール進捗

公開JREのインストール

「JDKセットアップ設定」で公開JREをインストールする設定(デフォルト)にしている場合に公開JREのインストールが開始されます。※すでに公開JREをインストールしているPCは公開JREのインストール作業はありません。

公開JREは、インストールフォルダの変更のみ可能でですが、特に変更の必要はありません。

公開JREのインストール

公開JREのインストール中です。

JREインストール進捗

公開JREのインストール完了です。「閉じる(C)」ボタンをクリックしてJDKのインストール完了です。「詳細情報(M)」および「閉じる(C)」をクリックするとブラウザが起動しJDKに関するWebページにアクセスされるようです。

JDKインストール完了