現在位置: HyperLand Plusトップページ > Android開発環境構築スタートページ > Android Studioの設定

Android Studioの設定

Androidアプリ公式統合開発環境Android Studioのダウンロードおよびインストールおよび初回起動までと、Android SDKのインストールおよび環境変数パス設定方法を解説(紹介)しています。

Windows8とあまり変わりないため、画像をWindows 10で取得したものに差し替えました。

1. Android Studioのダウンロード

Android Studioのダウンロードは、【Android Studio and SDK Tools】ページにアクセスします。【Android Studio and SDK Tools】ページ下部の図1までスクロールし、Android Studioのダウンロード対象選択を行います。

Windows限定ですが、Android StudioにAndroid SDKなどがバンドル(同梱)されたオールインワンパッケージのダウンロードが可能です。【android-studio-bundle-141.xxxxxxx-windows.exe】のリンクをクリックしてください。

図1)All Android Studio Packages
All Android Studio Packages

図2は、Android Studioの使用許諾の確認画面となります。青色枠内のライセンス条項に同意されたら【I have read and agree with the above terms and conditions】横のチェックボックスにチェックを入れてください。

必ずJavaScripが有効な状態で、チェックボックスにチェックを入れてください。JavaScriptが無効な状態では、Android Studioのダウンロードは行えません。

チェックを入れると、【Download android-studio-bundle-141.XXXXXXX.exe】ボタンが活性化(ボタンが押せる状態)されるので、クリックするとダウンロードが開始されます。

図2)Android Studioダウンロードページ
Android Studioダウンロードページ

2. Android Studioのインストール

図2でダウンロードしたAndroid Studioインストーラーを実行し、図3のセットアップ・ウィザードが起動します。赤枠のNext>ボタンをクリックすると次に進みます。

図3)Android Studioセットアップ
Android Studioセットアップ

Android Studioのインストール構成の選択画面となります。青枠内の【Android SDK】は必ずチェックを入れてください。それ以外は、Recommended(推奨)となっていますが任意で構いません。

Android SDK
Android SDKのインストールが行われ、バンドル版インストーラ作成時の最新Android SDKライブラリがインストールされます。こちらは、必ずインストールしてください。
Android Device
Google側で、最適化設定されたAVD(Android Virtual Devices)がインストールされます。AVDを使用しない場合は不要です。
Perfomance (Intel® HAXM)
HAXM(Intel® Hardware Accelerated Execution Manager) を導入しAVDの高速化を行います。AVDを使用しない場合は不要です。
図4)Android Studioインストール構成
Android Studioインストール構成

Android Studioのライセンス許諾画面となります。同意された場合は、I Agreeボタンをクリックしてください。

Perfomance (Intel® HAXM)をインストール対象としている場合は、続けて【Intel (R) Hardware Accelerated Execution Manager】のライセンス許諾画面が表示されます。画像は割愛しますが、同意された場合は、I Agreeをクリックしてください。

図5)Android Studioライセンス許諾
Android Studioライセンス許諾

図5でAndroid SDKをインストール対象にしている場合、Android SDKのインストール先の指定を行います。

あくまでも、個人的な見解と前置き付きですが、Android SDKの初期インストール先の「AppData」フォルダは、通常設定では、「隠しフォルダ」となっているため、インストール先にはお勧めできません。本例では、Cドライブ直下に作成した「C:¥android¥android-sdk」フォルダを指定しています。

図6)Android Studioインストール先指定
Android Studioインストール先指定

Android Studioをスタートメニューに登録するかの確認となります。不要な場合は、Do not create shortcuts横のチェックボックスにチェックを入れてInstallボタンをクリックしてください。

図7)Android Studioスタートメニュー登録
Android Studioスタートメニュー登録

Android Studioのインストールが完了しました。Start Android Studio横のチェックを外してFinishボタンを押して、一旦Android Studioのインストールを完了させてください。

図8)Android Studioインストール完了
Android Studioインストール完了

Android SDKの環境変数設定

Android Studio起動前に、Android SDKの環境変数設定を行います。なお、環境変数については別ページ環境変数パスの設定にとりまとめていますので参照ください。

下で表示している変数値の¥マークは、HTML特殊文字で表示しているため、そのままコピーして使用することはできませんので、ご注意ください。

環境変数ANDROID_HOMEの設定を行います。環境変数のANDROID_HOMEは、UI Testingなどの外部ツールで参照されます。このページの例では「C:¥android¥android-sdk」にAndroid SDKをインストールしているため、以下のように設定します。

変数名(N)
ANDROID_HOME
変数値(V)
C:¥android¥android-sdk

続けて、Androidエミュレータ関連の実行ファイルが格納されているtoolsおよび、ADB(Android Debug Bridge)関連の実行ファイルが格納されているplatform-toolsを、環境変数Pathに設定します。

環境変数パスの設定にも記載ていますが、2つのパスを指定する場合は、「C:¥android¥android-sdk¥tools;C:¥android¥android-sdk¥platform-tools」のようにセミコロンで区切ります。上記で環境変数ANDROID_HOMEを設定していれば、「%ANDROID_HOME%¥tools;%ANDROID_HOME%¥platform-tools」でも同じです。

変数名(N)
Path
変数値(V)
%ANDROID_HOME%¥tools
変数名(N)
Path
変数値(V)
%ANDROID_HOME%¥platform-tools

Android Studioの初回起動

Android Studioを起動します。Android Studioの起動方法は、スタートメニューに登録している場合は、スタートメニューからAndroid Studioを起動してください。

スタートメニューに登録していない場合は、以下フォルダに実行ファイルが配置されていますので、実行ファイルを実行してください。

■64ビットパソコンC:¥Program Files¥Android¥Android Studio¥bin¥studio64.exe

■32ビットパソコンC:¥Program Files¥Android¥Android Studio¥bin¥studio.exe

Android Studio起動後、図9が表示されます。インポート可能なAndroid Studioの設定がある場合は、I want to my setting from a custom location横のラジオボックにチェックを入れフォルダを指定してください。それ以外は、デフォルトのI do not have a previous…にチェックがある状態でOKボタンをクリックします。

図9)Android Studio旧設定取り込み
Android Studio旧設定取り込み

Android Studioのテーマ選択となります。白基調か黒基調かの差ですが、目が疲れにくいのは黒基調ですかね。

図10)Android Studioテーマ選択
Android Studioテーマ選択

Android SDKライブラリのインストールとなります。ここでは、Android SDKライブラリが最新かのチェックが行われ、最新でない場合は、自動で最新のAndroid SDKライブラリのダンロードおよびインストールされます。Show Detailsをクリックするとインストールの詳細が表示されます。

図11)Android SDKライブラリのインストール
Android SDKライブラリのインストール

非活性状態だったFinishボタンが活性化すると、Android SDKライブラリのインストールが完了となります、Finishボタンをクリックします。

図12Android SDKライブラリのインストール完了
Android SDKライブラリのインストール完了

Quick Start画面が表示されたら完了です。アプリ開発をする場合は、Start a new Android Studio Projectをクリックしてください。以上で終了です。

図13)Android Studioクイックスタート
Android Studioクイックスタート