ANDROID_SDK_HOMEを設定する。

Android AVDのイメージファイルは「%USERPROFILE%」に「.android」と言うフォルダ内に作成されるのは、本サイトの以下URLを見ていただいたら分かると思います。
http://www.hlplus.jp/android/avd/logon/Link

海外のandroid developersのフォーラムでで2009年に公開された手法で「.android」の保存先を変更する方法が書いています。
http://groups.google.com/group/android-developers/browse_thread/thread/72292c1ccb2e1bb4/0e83f589301d3f83?pli=1Link

方法は簡単です。環境変数を追加「ANDROID_SDK_HOME」と言う変数名で変数値には、「.android」を作成したいフォルダを指定します。

追加したら、Android SDK Managerを起動すると「.android」フォルダが「ANDROID_SDK_HOME」で指定したフォルダに「.android」フォルダが作成されます。

デフォルトでは、フォルダ内に「debug.keystore」が無いので、どれでもいいのでEclipseを起動しAndroid プロジェクトをクリーンすると「debug.keystore」が作成されます。

「debug.keystore」は上記の手法で「debug.keystore」がない場合に作成されますが、作成される「debug.keystore」には一貫性がありません。つまり、署名でdebug.keystoreを使うので注意が必要と言う事です。

ま、基本デフォルトでいいと思います、ログオン名を全角にされた人のみ変更すればいいのではないでしょうか、上述のリスクもありますし。

あ、以前記事に書きましたが「ANDROID_HOME」なんて設定は意味がありませんのでご注意を。
http://www.hlplus.jp/php/blog/index.php?UID=1302358652Link

最後にまとめ。

環境変数の「Path」には、「tools」と「platform-tools」を指定します。

「.android」フォルダを変えたい場合は、環境変数「ANDROID_SDK_HOME」に変更したいフォルダをしています。

※仮にANDROID_SDK_HOMEをAndroid SDKのフォルダを指定しても「Path」の「tools」と「platform-tools」設定は必要です。

   

— posted by Kazu(管理者) at 09:32 pm